ワカサギは冬限定の魚ではない

ワカサギ釣りと聞くと、凍った湖にせっせと穴を開けて、
その周りに椅子やテントを立て、
ただひたすら待って釣るイメージがあると思いますが、
実はワカサギは冬以外でも釣れるのです。

例えば長野県の木崎湖などは夏でも釣れますし、
新潟県の奥只見湖(銀山湖)も夏〜晩秋にかけてが
シーズンになる
など、冬限定の魚ではないのです。

夏でのワカサギ釣りの注意点として、
ワカサギはもともと匂いが強い魚で、釣ってすぐクーラーボックスなどに
入れてしまうと、匂いを取る為に苦労します。

冬場のワカサギ釣りは
バケツなどに釣り上げたワカサギを入れることが多いですが、
夏場はただでさえ釣り上げた魚が傷みやすい条件なので、
安いクーラーボックスをワカサギ釣り専用などにして対処すると
いいかもしれません。

また、夏場は当然氷上での穴釣りではなく、
通常の湖での釣りになる
ので、
ボートでの釣りまたは陸釣りになります。

その為、冬場にワカサギが釣れている湖全てで
夏〜秋に釣れるか
と言うと、レンタルボートが無かったり
陸からの釣りが難しい地形の場合はできません

冬にしかワカサギ釣りをしたことがなく、夏場でも釣りたいと考えている方は、
釣りに行こうと思っている湖が冬以外で釣り禁止期間が無いことを前提で、
地形面やもレンタルボートの貸し出しの可否についても
事前に調べてから行くことをおすすめ致します。

いつもはブラックバスなどを釣っていてたまにはワカサギを、
と考えている人は少なくとも陸釣りでの経験はあると思いますが、
ブラックバスはワカサギも捕食しますので、ブラックバスと同じ釣り場で
ただ餌やタックルを変えたからといって、簡単に釣れるものではありません

夏場のワカサギがいる場所

では、夏場のワカサギはどこで釣れるか、ということになりますが、
その為にはまず夏場に釣れるワカサギの種類を知る必要があります。

夏場に釣れるワカサギは、大きく分けて稚魚成魚に分かれます。

ワカサギ釣りのシーズンが冬場のイメージが強いのは、
その性質として冬場に産卵を行う為、浅瀬などに寄ってくるので、
必然的に釣れやすくなり、産卵時期なのでもちろん食べても美味しい為です。

では、冬場に産卵した卵が孵化し、成長するまで稚魚はどこにいるのか
答えは産卵場所(浅瀬)付近になります。

湖の地形や気象条件、個体差はありますが、
1年程度は浅瀬にいることが多く
(その間にブラックバスやその他の魚に捕食されることもあります)が、
その生存競争を生き残ったワカサギだけが、再び湖の中へと戻っていけるのです。

無事成魚に育ったワカサギの方はというと、ワカサギは冷水を好む性質もあるので、
夏場で太陽に照らされた暑い水面下にはおらず、涼しい湖の底の方へと移動しています。

逆にブラックバスなどは水温が下がると活動が鈍くなるのと、
捕食もあまり得意ではないので、ブラックバスの生息域=ワカサギも釣れる
わけではない
のです。

関連するワカサギ釣りポイント一覧